ペットロスカウンセリング評判ナビ

\ペットロスの心を癒す/

トップページ

「もっとよくしてあげられなかっただろうか…。」
「心に穴が空いてしまったようで何も手につかない…。」
「会社を休んでしまった…。」


など…。

大切な家族でもあるペットがいないことを受け入れられず悩み苦しんでいませんか?

どうか一人で抱え込まないでください。

ペットロスにはカウンセリングという方法があるようです。

ペットロスが辛くて立ち直れない…。

あの子がいなくなってから何も手につかない…

ふとしたときに、涙が止まらなくなってしまう…

仕事や日常生活に支障がでてきてしまった…

もっとよくしてあげられなかったか後悔している。

とにかく心に穴が開いてしまったような…。

など、そんな状態が続くペットロスという問題。

私が悲しんでいると、あの子も辛いはず…そう思ってもやっぱり上手くいかない、どうしていいのかわからない…

ペットのことで不調になっていることを相談できる人もいなくて、家で一人の時間が怖い。

こんなやりきれない気持ちで、苦しくなっていませんか?

心理的な症状にとどまっているうちにケアを

もし、この文章を読んでいるあなたが、今まさに辛い状態でしたら思い出させてしまうことになるかもしれません。

でも、なんとか良い方向に向かっていくために、ペットロスのしくみについて、どうか再確認させてください。

まず、愛するペットを失ったことにより不安定な状態が続くと、次第に日常で感情をコントロールすることが難しくなってきます。

感情が不安定になると、いろいろなことに対して「マイナスの意味づけ」をしてしまいがちです。

このような状態が続くと、対人関係でも問題が起きてしまったり、学校や会社が怖いといったことにも繋がります。

さらに、人によっては長く続くストレスにより身体になんらかの症状がでてしまったり、うつにつながってしまうこともあり、ペットロス症候群という言葉もあります。

大切なのは、辛い気持ちの状態をやわらげて、気持ちを整理していくことです。

そのために、傾聴と呼ばれるとにかく話を聞いてくれるカウンセリングを利用するのが有効とされています。

軽視する人もいるようですが、人の話を聴くということは実はとても難しいことです。

傾聴のプロにお願いしてみるというのも一つの手かもしれませんよ。

今は、ZoomやLineがあるので、全国どちらにお住まいの方でも評判のいい人にお願いできる時代です。

独自の世界観でペットロスを癒す人たち

自分には縁がないと思っていたのですが、ペットとコミュニケーションができるタイプの人がいます。

昔、志村動物園にでていたハイジという女性がいましたが、あの人もそのタイプだったようです。

ペットの好きなものや嫌いなもの、飼い主に対して本当はどう思っているのか、どうしてほしいのかがハッキリとわかって驚いたことがあります。

しかし、それはあくまでも生きているペットの話だと思っていました。

詳しく聞いてみたところ、ペットとの対話はこの世を含んだあの世とも言える霊的な世界を通して、対話を行うという仕組みらしく、亡くなったペットとも言葉を交わせるとのことでした。

そして、実際にペットロスという問題に対して、飼い主と虹の橋を渡ったペットのお話を取り次ぐことを通して、飼い主さんがずっと気になっていたことや後悔していたことなどを、「本人」と対話しながら確かめることで、気持ちが整理できるようにお手伝いをしている人たちがいることを知りました。

生前の話などをしながら、少しずつ確信にふれていきながら、固くなった心を解きほぐしていくというスピリチュアルなカウンセリングなんですね。

はじめは怪しいなって思いましたが、大切に思い続けていた飼い主さんを相手にするということ自体が、きっとそういうことなんだろうなって今は納得しています。(違うこと言ってたらすぐにわかっちゃいますよね。)

実際に、メニューとしてペットロスを扱っている人がいますのでご紹介します。

累計8,000人以上と向き合ってきた本格派

\ペットロスのための特別メニュー/
  • こちらの気持ちを第一に考えてくれる
  • キャリアに基づいたカウンセリング
  • ペットとの想い出に寄り添う対話と深い霊視鑑定
  • 失われたと思っていた絆が再びつながる
  • ペットとの別れの意味に気づかせてくれる
  • 犬、猫の他に、哺乳類全般、爬虫類や両生類も

↓↓ ペットロスのご相談例 ↓↓

  • 葬儀の後もずっと家にいる気配を感じる
  • もっとよくしてあげられなかっただろうか?といつも答えのでないことを考えてしまう
  • 最期を看取れなかったことを後悔している
  • 最期の瞬間を思い出すと悲しくて何も手につかない
  • 楽しかった日々を想うとどうしようもなく涙が止まらない
  • 家事や身の回りのことができなくなってきた
  • 集中力が無くなって仕事でミスをしてしまう
  • 仕事をやめたほうがいいのか迷っている
  • 家族が平気な顔しているのを見て人間不信になりそう
  • 友人が励まそうとしてくれるが、無理して大丈夫って言ってしまう
  • ほかのペットロス経験者の自分の話を聞かされても納得できない
  • このつらい気持ちを受け止めてくれる人が周りにいない
  • 時間がたっても気持ちに整理がつかない
  • 泣きたい、辛い、でも涙がでない、どうにかなりそう
  • 亡くなったペットに会いに行きたいという気持ちが起こってしまう
  • 具体的にはご紹介できない個別の事情

ペットロスを乗り越える方法いろいろ

ペットロスというのは、心の問題のようですが行き過ぎると身体にも影響がでてくる問題でもあります。早めのケアがもしできればよいのですが、身体に不調がでている場合は病院へかかるということもお忘れないようにお気を付けください。

【 ペットロス症候群の症状一覧 】

喪失感・罪悪感・悲しみ・怒り・情緒不安定・妄想・不眠・拒食・過食・虚無感・無関心・うつ・幻覚・対人関係の悪化…etc

別れの悲しみを受け入れるまでの5段階

キューブラーロス博士という死に関する有名な精神科医の方が提唱する5段階説は、家族やパートナー、または、自分自身の死と向き合うことに対して用いられていましたが、最近ではペットロスという場面でも応用できるのではということがいわれています。参考になれば幸いです。

法則ではなく、臨床的な積み重ねによる説なので、人によっては当てはまらない段階もあるようです。

【 否認と孤立 】

頭ではわかっていても受け入れられず、感情的に事実と向き合うことを拒否する段階。事実(検査結果など)や人を疑い、孤立してしまうことも。

【 怒り 】

自分またはパートナーが直面したことに対して怒り、とらわれてしまう段階。

【 取引 】

死を受け入れられず、何かにすがろうとする(宗教、寄付など)段階。

【 抑うつ 】

死は避けられないことであるということを理解するも、同時にロスという事実からくる喪失感で何も手につかなくなる段階。

【 受容 】

死を避けられないということを悟り、運命として受け入れられるようになる段階。

\スピリチュアルな繋がりが心に響く/

ペットロスをカウンセリングと対話によって導くスピリチュアルカウンセリング
スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓

カウンセリングするなら↓